【電車内でスズメバチに遭遇】冬でも油断できない危険な虫の対処法

電車内での恐怖体験に悲鳴 女性の膝上にいたスズメバチに「頭に銃口向けられてるレベル」(Hint-Pot) - Yahoo!ニュース

電車の中で眠っている女性の膝にスズメバチが止まっているという恐ろしい写真がXに投稿され、話題になりました。投稿者のJK(ジャンカー)さんは、周りの人に気づかれないように静かに様子を見ていたそうです。幸いにも、ハチは電車が停まると自分で飛んでいきましたが、もし刺されていたらと思うとゾッとします。

スズメバチは攻撃性が高く、毒性の強い針を持つことで知られています。刺されると激しい痛みや腫れ、発熱などの症状が出ます。アレルギー体質の人や、過去に刺されたことがある人は、アナフィラキシーショックという重篤な症状を起こす可能性があります。最悪の場合、死に至る危険性もあります。

スズメバチの活動時期は春から秋にかけてですが、暖冬の年は12月頃まで注意が必要です。今年は暖冬が予想されているため、油断は禁物です。もしスズメバチに遭遇したら、以下の対処法を参考にしてください。

  • スズメバチに刺されたら、傷口をよく洗い流し、毒を絞り出してください。刺さった針はピンセットなどで抜き取ります。
  • 刺された部位を冷やして、腫れや痛みを抑えます。市販の抗ヒスタミン剤や消炎剤を服用すると効果的です。
  • アレルギー反応が出た場合や、刺された部位が首や顔などの重要な器官の場合は、すぐに医療機関に行ってください。
  • スズメバチに刺激しないようにします。振り払ったり、殺そうとしたりしないでください。静かにして、どこかへ飛んでいくのを待ちます。
  • スズメバチの巣に近づかないようにします。巣に気づいたら、静かに離れます。巣を壊したり、燃やしたりしないでください。

スズメバチは危険な虫ですが、自然界の生態系にとって重要な役割を果たしています。人間との共存のためにも、互いに敬意を持って接することが大切です。スズメバチに遭遇したら、パニックにならずに冷静に対処しましょう。